スイカパスモなどをタイムカードとして勤怠管理

未だに出勤、退社時に昔ながらの紙に印字するタイプのタイムカードを利用している会社、営業所は多いようです。
しかし社員の出勤時間が決められている会社などでは限られたタイムカードの設置場所が大混雑となり、タイムカード押しの順番待ちでまさかの遅刻などという笑い話のような事態もあったようです。

また社外へ直行など多い営業マンや現場スタッフなど給料の締日に総務や業務の給料計算の担当者から業務内容や勤怠の確認などの問い合わせで四苦八苦された経験をお持ちの方も多いでしょう。



タイムカードの特徴の一つとして出退勤時に必ず自社、及び自分の管轄の事業場所いかなければならないということがありました。

コトバンクに関するお役立ち情報コーナーです。

ある意味で社員が社内に集結し、そのコミニケーションをとるというメリットもありましたが、昨今、顧客の要求事項が多様化する中での毎日の業務では、従来のタイムカードでの勤怠管理の非効率な部分が多く、改良、改善が求められていました。


その改良、改善一つの方法として、定期など通勤に利用されているフェリカ対応のパスモ、スイカなどの利用、おさいふフケータイの利用にによる勤怠管理の方法があります。

厳選したタイムカードの人気を今すぐチェックしよう。

これはインターネットに接続できるパソコンさえあれば、自社の営業所ばかりではなく、客先で情報やセキュリティーの管理システムをしっかり得るという条件のもと、どこでもリアルタイムの勤怠管理が可能となります。

この勤怠管理システムは実際既に利用している会社も多く、異常な残業時間の管理、勤怠管理業務の簡素化による経費節減、不正な残業の見極めなど様々なメリットがあがっているようです。


Copyright (C) 2016 スイカパスモなどをタイムカードとして勤怠管理 All Rights Reserved.