タイムカードの重要さ

タイムカードを使う企業は今でも多くあることからも、タイムカードの持つ役割の重要性を垣間見ることができます。


ややもすれば、古くさいなどといわれる存在にもなってきましたが、労働の現場においては、なくてはならない存在として、重宝がられています。

タイムカードの為になる情報です。

昨今においては、従業員の勤怠管理については、生体認証システムやICカードの導入などの先進的な取り組みがなされてきていますが、やはり、昔ながらの紙のタイムカードを使用し続ける企業もいまだにあるのは事実です。
会社に着いたときには、忘れずに出社の打刻をすることを習慣づけることが求められてきました。

また、退社時にもしっかりと打刻をしてから帰宅の途につくということが社内ルールとして、徹底されてきました。

今般、タイムカードが徐々にその姿を消すようになった背景にあるのが、従業員の勤務について、事細かに把握する必要性が出てきたことを取り上げる人もいます。

勤務の実態を詳細にすることによって、サービス残業の抑制などに努める狙いがあるといわれています。

珍しいビジネスジャーナルといえばこちらのサイトです。

いわゆるブラック企業と呼ばれることへの警戒感を持つ企業が多くなっているのです。
従前では、タイムカードの打刻と給与計算とが全く合致していないということが当たり前ともいわれてきました。

いわば、暗黙の了解として、サービス残業が横行していたのです。

ワークライフバランスなどといった言葉が声高に使われるようになったのも、つい最近になってからです。


雇用の現場に変化が生まれ始めています。




Copyright (C) 2016 タイムカードの重要さ All Rights Reserved.